「レスポンス1/100」リフォーム広告集客法マニュアル

100年に1度の不況でも売れ続ける地域リフォーム1番店が隠れてどんな集客をしているのか?

突然ですが、あなたの会社の業績は、どうでしょうか?なんとなく、渋い顔をされていますね。

わかります。これだけ、厳しい状況が続いていますから、無理もないです。

しかし、こんなに厳しいリフォーム業界で店舗に行列ができるほど、商売繁盛を続けている会社もあるのです。
これは、本当の話です。

では、そういった会社は、どうやって好調に集客しているのでしょう?気になりますよね。
そこで私は、こんな不況をよそに「毎月1店舗あたり、200組以上集客して、1700万円の粗利益をたたき出すリフォーム会社」の社長から、決して表には出さない、とっておきのノウハウを聞き出し、その秘訣をまとめてみたのです。

そして、私が自社で成功した「レスポンス1/100」広告集客の実例も全てさらけ出し、短期間であなたの会社の業績が倍増するマニュアルとして書き上げたのです。

これは、業績が伸び悩む会社を蘇らせる「リフォーム業界の集客フラッグシップマニュアル」と自信をもっていえるシロモノなのです。

どうでしょう?あなたの会社に必要ではないでしょうか?

あなたの会社の良さを引き出すマニュアル

では、どんなマニュアルなのか、ひとことで言うと・・・
「今以上に無駄な費用を使わず、現状の社員たちで、現状の業績を倍増させるしかも、工事粗利益が40%を越えることができるノウハウ集」なのです。

もちろん、机上の空論ではありません。成功と失敗を繰り返し、血と汗がにじんだ実践結果からわかった秘訣なのです。
しかも、失敗から学んだ「成功のコツ」を書いているので、単なる成功逸話ではなく、「決して失敗させない裏づけ」が網羅されているのです。

そして、このマニュアルは、あなたの会社を「地元地域でオンリーワン」に成長させることができるのです。
たとえ成功ノウハウを手にしたとしても、ただ、真似るだけだとうまくはいきません。
それぞれの会社の特長が違いますから、見よう見まねだと成功させるのは難しいのです。

その点このマニュアルでは、あなたの会社のキャラクターにあわせアレンジしていくので、他の会社に真似できないブランドを確立させることができるのです。

今、成功している社長で作り上げた

このマニュアルの内容は、全てリフォーム会社の社長たちと作り上げました。
優秀で行動力があって、しかもアイデアマンな社長たちです。

そのうえ、長年に渡って業績を上げ続け、すでに多くの同業者に影響を与えている、すばらしい社長たちです。
いわば私の師匠とも言える仲間なのです。

一人は、静岡市の株式会社オレンジハウスの中戸川豊社長と、もう一人は、埼玉県上尾市の有限会社涌井設計の涌井計伸社長です。
そして、私との3人で、ここ数年の間、成功し続けているポイントを、また、他のリフォーム会社に盗ませなかった秘訣もあわせて、このマニュアルに詰め込んでみたのです。

数日間徹夜をして、部屋で缶詰になって情報を収集し、そして、まとめるのに2ヶ月間もかかってしまいました。
そのかいあって、各社の持っているノウハウを全て吐き出してもらい、貴重な資料を多く提供してもらい作り上げました。

リフォーム業界を活性化し、憧れの業界に復活させたい!

なぜ、こんなマニュアルを作ったのかというと、リフォーム業界が低迷しているからです。
建築偽装や悪徳業者、それに不況も手伝って業界がかなりしぼんでいます。
やはり、こんなことでは、ダメだと思うのです。
どのリフォーム会社も、もっと、もっと元気になって、もっと、もっと儲けてもらいたいのです。
私もリフォーム会社の社長として、自分の業界が盛り上がってもらいたいと願っているのです。

また、私の会社が毎年順調で、「1店舗5億円の売上げ、2億円近い粗利益を上げられるモデル」が作れたのも、全て、この業界のいろんな先輩からの「教え」や「実践」を参考にさせてもらった賜物なのです。
だからこそ、今は、業界への恩返しをさせてもらいたい気持ちがあります。
だから、もし、あなたが集客に困っているのなら、お役に立ちたいと思っているのです。

ただ、我々は、コンサルタントではありません
リフォーム会社の社長です。
いつも最先端の時代で、自分にリスクをもって立ち向かっている実践者なのです。
だから、このマニュアルは「100%成功するノウハウ」とまでも言わないですが、ほぼ、それに近い成果がでる情報を提供できることだけはお約束します。
あなたが、いま一番欲しいリフォームの情報が手にでき、そして今一番売れる商品がわかり、景気に振り回されない安定したリフォーム受注が約束されるコツをお教えしたいのです。

詳しいマニュアルの内容

1.反響をとり続けるチラシづくり

I

価格訴求型のチラシ

I

実際に売上げが倍増したメニューチラシ

I

価格訴求型チラシの落とし穴

I

スピードリフォームにあった「黄金ルール」

I

状況によってチラシを考える

I

今のお客様は専門店を好む

I

単品工事のチラシは保持率がいい

I

作り上げたブランドを崩さない

I

大手のメリットと小さな会社のメリット

I

安さよりプロを求める

I

リフォームが発生する周期を知る

I

人をクローズアップしたチラシ

I

クローズアップするのは社長なのか?社員なのか?

I

当たるチラシの弊害

I

中長期でものごとを考える

I

中途半端に当たるチラシ

I

お客様にも社員にも宣言する

I

お客様の疑問に対する答えを書く

I

小さな獲物を、大きな獲物に育てる

I

イメージを与えるチラシ

I

お客様への無料サービス

I

瞬間に会社のよさが分かるチラシ

I

イメージを大切にしたチラシ

I

自信を持って売値をつける

I

競合会社と「兼ね合い」をつける

I

営業マンが疲れてしまった価格訴求型チラシ

I

電話が鳴りまくったスピードリフォーム

I

スピードだけでは売上げは伸びない

I

スグ鳴る単品工事のチラシ

I

ゼネラリストかスペシャリストかを決める

I

それでも「ゼネラリスト」をねらう

I

イベントチラシから分かること

I

Webでの注意点

I

敵がいないところをタイムリーにみつける

I

いったん家の汚い部分をみられると安心する

I

チラシを真似てもうまくいかない理由

I

チラシには会社の特徴をいれて

I

悪いことも浸透させる

I

中長期的なチラシとは?

I

お客様の先手を取ったチラシ

I

大きな工事と小さな工事ができる会社

I

すべてをみせたチラシでいい

I

かしこいチラシの作り方

I

店舗を見に来るお客様たち

I

たくらみのないサービス

I

ウソがないチラシに限る

I

チラシは調査をしないと見間違える

I

我々がねらうポジションその1、その2

2.最高400組を集客するイベントの秘訣

I

なぜ、イベントが大切なのか?

I

会社を確かめにイベントに来る

I

新規客と既存客のバランスを考える

I

ついでに種をまく

I

勝負は受付で決まる

I

会場に入りやすい、しつらえとは?

I

イベントをチラシなしで告知する

I

お客様が流れやすい場所で開催する

I

お客様は関所を越えにくい

I

Webの検索で引っ掛ける

I

売らずに勉強させるイベント

I

大型イベントにできない効果

I

網戸のゲリライベント

I

たどり着ける現場見学会の注意点

I

入りやすい現場見学会とは?

I

何かを得る現場見学会でないといけない

I

サテライトショールームというもの

I

専門店を信用し、高いお金を払う

I

OBのお客様に特化したイベント

I

つまらないプレゼントは、あげないほうがいい

I

ブランドにあったプレゼントをする

I

お客様とチャリティーバザー

I

新築を1棟売ってしまったバザー

I

バザーから本命のお客様を誘導する

I

1日バスツアー

I

レスポンスをとる、ちょっとしたアイデア1〜3

I

実際に集客できる時代

I

不特定多数の人にまぎれて来る

I

工事近隣挨拶でリストを取る

I

「ふれあい広場」イベントとは?

I

アンケートリストを活用する

I

毎月30〜40組を集客する

I

遠くから来るほうが熱い

I

リフォームしたいお客様と会える場を探す

I

イベント競合に勝つには

I

大型イベントでの工夫点

I

新築の現場見学会で学んだこと

I

周辺の特性にあったゲリライベント

I

雨樋のゲリライベント

I

現場見学会の直近をターゲットにする

I

施主様を取り込んだ現場見学会

I

我社に不安がある人に「我社の実力」を見てもらう

I

外部を見せる現場見学会の失敗例

I

全ての職種が専門店になりえない

I

来場プレゼントを考える

I

お客様はいいものを欲しがっている

I

お客様とフリーマーケット

I

バザー集客の落とし穴

I

バザーを通じてコアなお客様を探る

I

まじめな会社の姿勢がみえると電話が鳴る

I

イベントを分けて考える

3.明日からの市場を拡げるホームページの活用法

I

ホームページの現状

I

PPC広告とSEO対策

I

大都市と地方の温度差

I

地方都市も大都市のあとに続くのか?

I

スタッフの魅力を見せる

I

効果のある施工例の見せ方

I

滞在時間を伸ばすことが大切

I

会社を理解してくれやすい施工例の作り方

I

リアルタイムに対応できるホームページ

I

入口と出口が大切

I

ホームページはセールスレターを乗越える

I

Web普及層がターゲット世代に

I

敷居の低いホームページ作り

I

スタッフプロフィールと施工例を合体

I

専門店サイトを作るメリット

I

不動産サイトとリフォームサイトをリンクさせる

I

上位検索の落とし穴

I

協力してWeb需要を伸ばす

I

新たなるチャレンジ

I

不動産が動く時にリフォームが発生する

I

リフォーム会社の参入を歓迎する

I

いろんな集客が見込める

I

どのくらいの収益になるのか

I

ありふれた情報でも成果がでる

I

欠点をなくす改善の日々

I

ホームページでの会社確認は常識

I

スタッフプロフィールや施工例が人気

I

地方都市の現状分析

I

どういうホームページがいいのかテストする

I

施工例の魅力を見せる

I

施工例でのストーリーの書き方

I

2つのホームページを見くらべてみる

I

お客様と社員がやり取りできる施工例

I

広告媒体の全てをホームページに集約させる

I

ホームページはセールスレターを書くように

I

紙媒体とホームページの対比1

I

紙媒体とホームページの対比2

I

ホームページ委員会で絶えずチェック

I

繰り返しホームページに訪れてもらう工夫

I

絞って検索するから専門店サイトが生きる

I

仮のトップページを作る

I

専門業者への逆襲

I

ここまでのまとめ

I

リフォーム市場を広げる

I

リフォーム会社でも不動産を切り口にできる

I

スタンスを決める

I

オレンジハウスの実例

I

1年間やってみて分かった課題

I

さらに不動産サイトを増やす

I

不動産サイトオープンにむかって

4.売上の7割をリピートでまかなうニュースレターの作り方

I

繰り返しレスポンスを取る

I

流出していくお客様を防ぐ

I

イメージを植えつけるニュースレター

I

モリシタ流ニュースレターの基本

I

力不足は「共に乗越えよう」といってくれる

I

ニュースレターのメリット、デメリット

I

知り合いから買いたい

I

ニュースレターとセールスレター

I

いい人間関係ができたらセールスをかけてもよい

I

知り合いだから「うれしいセールス」になる

I

新築住宅の販売で学ぶ

I

自分をさらけ出すコツ

I

アクションできるツールを同封する

I

はじめての企画でアクションを起こさす

I

だれがだれに出すレターなのか?

I

よそ行きの言葉はやめる

I

地元業者のつよみを出す

I

ニュースレターを断わってもらう努力?

I

神社からのレターで学ぶこと

I

ニュースレターの発行回数

I

ニュースレターの理想のボリュームとは?

I

パッとみて思いが伝わるレターづくり

I

モリシタ流セールスレターの実例をみる

I

1年に1回買ってもらえる

I

あおり方は慎重にする

I

まず我社を好きになってもらう

I

アフター訪問の代わりに送る

I

最初に知っておくべき落とし穴

I

ホンネを叶えるリフォーム

I

知識より人が見えないと飽きる

I

等身大のニュースレター

I

知り合いから友人、そして親友へ

I

「買いたい」と思うプロセスを知る

I

ニュースレターとセールスレターはキチンとわける

I

ニュースレターを使い分ける

I

ニュースレターは「マーケティング」というより「セールス」

I

知らぬ間に有名人のように

I

アクションを起こさせた実例

I

ニュースレターの活用は3つのステップ

I

社員からお客様に出すレター

I

いい関係を実感しはじめる

I

お店の「あり方」がお客様をひきつける

I

ゴミ箱に直行はさける

I

コンテンツを買うときの注意点

I

もしもの時に思い出してもらえるペース

I

モリシタ流ニュースレターの実例をみる

I

継続するコツ実例1、2

I

リピートの間隔を短くするセールスレター

I

短期・中長期にわけたセールスレター

I

究極はリフォームを趣味にさせる

5.我が社にも行列ができるブランディング戦略

I

ウソを一目で見抜くお客様

I

思いもよらない大損害

I

1300万円の損害

I

お客様の無念は残さない

I

本人より他人の言葉を信じる

I

ブランド作りは会社の中身を変える

I

背伸びしていたことが普通になった

I

小さな修繕工事をコツコツしていた会社

I

勇気をもって職人さんを切る

I

クレームが言える会社

I

クレームを言うお客様とクレーマーとは違う

I

クレームを言うお客様とクレーマーを混同するとボロボロになる

I

クレーマーが近寄らないブランディング

I

「地域ナンバーワン」より「幸せリフォーム」

I

会社のつよみを「地域ナンバーワン」と表現する

I

夢を実現すると、腹をくくれ

I

プレスリリースを活用する

I

高級ブランドから学ぶ

I

ブランディングの落とし穴

I

押しのセールスでは売れない

I

キクイムシに侵された家

I

私は試されている

I

誠意はとくに見せびらかさない

I

ブランディングは他社との違いを表現する

I

負けたくない気持ちがブランドを作る

I

要求レベルが上がってきた

I

ひどい職人さんに悩まされた日々

I

クレームは先手で対応する

I

安い会社より不満を解決してくれる会社

I

クレーマーは「いじめっこの理論」

I

クレーマーの見分け方

I

クレーマーが近寄らないブランディングの実例1、2

I

何が「地域ナンバーワン」なのかはっきりさせる

I

「地域ナンバーワン」の挑戦状を突きつける

I

お客様の進化をサイトで確認する

I

ラジオ放送を活用する

I

ブランド作りが社員を作る

I

ブランドにあった社員がやってくる

6.原価を下げて売値を上げる仕組みづくり

I

利益を確保するのが難しい業界

I

「売値を上げる」か「原価を下げる」か

I

職人さんによって単価を変える

I

「売値」と「原価」を同時に見積する

I

仕方なく単価が上がる現状

I

技術の高い職人さんには単価を上げる

I

売値を上げることを考えてみる

I

「通常職人」で工事の質を落とす競合会社

I

「ついでにできる工事」で戦わす

I

「多能工」の落とし穴

I

現場の作業を社員にさせてはいけない

I

業者会運営で会社とパイプをつなぐ

I

会社のことを理解してついてきてもらうしかない

I

いろんなパック商品の考え方

I

リフォーム工事標準マニュアルを作る

I

標準工事とフルオーダーを使い分ける

I

現場の掟

I

アフター訪問を職人さんにさせる

I

職人さんのアフター訪問はお客様に喜ばれる

I

生き残るために高粗利益化

I

たえず単価は共有する

I

我社のブランドが守れる業者単価

I

原価はまだ下がるかもしれない

I

「段取りの悪い職人さん」が得をしてはいけない

I

単価を分解して交渉する

I

売値を上げるといいお客様がふえる

I

これまでと違う観点で単価を見直す

I

「ついでにできる工事」は多能工につながる

I

最終的には社員のスキルが必要

I

社員に現場をまかす危険

I

職人さんをふるいにかける

I

売りやすく交渉されにくい「パック商品」をつくる

I

パック商品の値づけ

I

できるだけ極端な工事内容を標準化する

I

キチンと粗利益が確保できる工事の標準化

I

職人さんをチームで動かす

I

アフター訪問での金銭的なメリット

7.原価を下げて売値を上げる仕組みづくり

I

組織を活性化させる

I

やっと組織になってきた

I

優秀な社員に社長のDNAを受け継ぐ

I

分からないことはお客様に聞け

I

それぞれが持つ「自分の地図」で気づかせる

I

損害を恐れずに信じてやる

I

前向きであったがゆえに「落とし穴」へ

I

「理想のNo.2」のつくり方で学ぶ

I

幸せな人から買いたい

I

上司と部下の関係をうまくさせるコツ

I

会社の活性化には「新陳代謝」が必要

I

お客様に教えてもらうことが成長の秘訣

I

信じればダメ社員もナンバーワンになれる

I

「信じる」を逆手に取られた

I

社長の思いを伝えるミッションとクレド

起業してからこれまで10年間の情報を詰め込んだらこれだけのボリュームになってしまいました。
我々の血と汗と涙の結晶です。

これから始める方から、すでに年商10億、20億くらいやってらっしゃる方まで、多くの方に活用していただける内容に仕上がりました。

下記のような方は、是非お申込みください。

N

リフォーム会社、事業部をこれから立ち上げられる方

N

起業間もない方

N

今は下請けだが、元請けとして仕事をとっていきたい方

N

これまで社長ひとりでがんばってきたけどこれから社員を増やしたい方

N

来店型の店舗をつくっていきたい方

N

売上は十分あるけど利益をもっとだしたい方

実践されている方の声

愛知県 N様

マニュアルに書いてある通りにチラシとニュースレターを修正したら、イベントで過去最高の集客と見込が獲得できました!チラシはなんと1/1500のレス ポンス率でした。1日で88組の来場。5000万円の見込獲得。新規客様には「○○○○」、OB客様には「○○○」、これすごいですね!!

長野県 Y様

いただいた資料を参考にセールスレターをつくり、ニュースレターに同封するようになったのですが、これがとても反応がよく、今では毎月の売上の根幹をなす 媒体となっています。マニュアルは常に手元において何回も読み返しています。何回読んでも新たな気づきがありますよ。

埼玉県 N様

早速、商品づくりにチャレンジしてみました。社員から積極的に意見がでてきて、お値打ちでしっかり利益のとれる商品が完成しました。さらに、自社の得意分野に気づくことができ、売上も右肩上がりであがっています。

徳島県 O様

森下さんの質問力と経験に基づいたアドバイスはすごいと思いました。

広島県 K様

コストダウンのノウハウが非常に役立っています。すぐに粗利を3〜5ポイントアップすることができました。

愛知県 T様

3分でつくったチラシで1500万円の受注!

広島県 Y様

移転オープンイベントでいきなり20組の見積依頼獲得。

岡山県 I様

独立後すぐにつくったチラシで1/2000の反響。

今お申込みいただける方への特典

このマニュアルは数量限定で製作しました。
初回製作分がなくなり次第、販売終了となります。

リフォーム業を通して、地域の役に立ちたい、そして、頼れる会社として繁栄し続けていきたいと本気で思っている方は、目の前にあるチャンスを今すぐつかんでください。

業績アップを考えるならセールスよりまず集客です!
集客の悩みから解放されたい社長は今すぐお申込みください。

特典1 「理想のNo.2」育成セミナーDVD(定価12,000円)

● DVD2枚組 約5時間 40Pテキスト付
2008年8月28日(木)に東京両国にて開催されたセミナーの内容を完全収録しています
● 定価:12,000円(抜込)

特典2 問題解決電話相談(2万円相当)

マニュアル購入後、ご希望の方には、わたくし森下が直接、電話にて相談を承ります。
マニュアルの活用に関して、集客や経営、マネジメントなどの問題その他リフォーム会社が抱える問題・課題全般についてご相談ください。
購入後60日以内、ひとり月1回45分。チラシやニュースレターの添削なども承ります。

特典3 住宅設備機器仕切一覧表(1万円相当 非売品)

ノウハウ提供会社の商品仕切表をまとめたものを提供します。
各住宅設備メーカー商品一覧。10ページ。

特典4 成功販促資料10年分(5万円相当 非売品)

これまで10年間、ノウハウ提供会社で成功したもののなかから厳選した販促資料をカラーデータでお届けします。

「レスポンス1/100」リフォーム広告集客法マニュアル お申し込み

● 内容
1.反響をとり続けるチラシづくり
2.最高400組を集客するイベントの秘訣
3.明日からの市場を拡げるホームページの活用法
4.売上げの7割をリピートでまかなうニュースレターのつくり方
5.我社にも行列ができるブランディング戦略
6.原価を下げて売値を上げるしくみづくり

お気軽にご相談ください。

集客にお困りの方はお気軽にご相談ください。

メールマガジン

最新情報をお届けします。

登録いただいた方には、無料で情報をお届けします。

経営者がかかえる問題を個別に解決する
株式会社サクセスサポートオフィス

<<姫路事務所>>
〒670-0084 姫路市東辻井4-1-52
 ドミール東辻井C号室

<<東京事務所>>
〒170-0014 東京都豊島区池袋4-24-4
 102号室

TEL:079-295-5772(10:00~16:00 土日祝休み)
E-Mail:info@www.success-support.co.jp  URL:https://www.success-support.co.jp/